特集(2017/06/03)

「高い旨の表示基準値」

食品表示法および健康増進法に準拠

画像ロード中! 当サイトでご紹介している『理想のやさい』及び『理想のくだもの』については、
「栄養」「“旬”」「希少」の3つをテーマ(条件)として、
それぞれにきちんとした定義を設け、
野菜(果物)の良さをもっと知っていただきたいとの想いでおります。

高い旨の表示基準値」は、その“きちんとした定義”のひとつ。
「食品表示基準」という国が定めたものがあり、
ビタミンCにおいては...基準値:100g中30mg(ミリグラム)以上に限り『豊富』『たっぷり』といった栄養が高い旨の表示が許されています。
そして、枝豆のビタミンC含有量は15mg。
⇒因って、当該広告(写真)は「不適切な表示」となるわけです。
特注:枝豆は...「ビタミンC」については基準値を超えていませんが、
「鉄」「銅」「葉酸」は「高い旨の表示基準値」を超える(「栄養」マークの対象)野菜です。


「栄養」マーク

画像ロード中! 3テーマのひとつ「栄養(身体に嬉しい野菜&果物)」については...
『豊富』『たっぷり』といった栄養・成分の高い旨の表示ができることを条件として、
言い換えれば「高い旨の表示基準値」を満たした野菜&果物を対象にマーキングしています。

例えば、ビタミンCの含有量が多い野菜と言えば...
「ピーマン」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
さて(本当に)ビタミンCの含有量は「高い旨の表示基準値」を超えているのでしょうか?

答えはYes!
当サイトでは、
「食品成分表」と「食品表示基準」を参照のうえ、ビタミン・ミネラル等が“た〜ぷり”含まれているかをチェック!
対象は...
食物繊維→6g
カリウム→840mg
カルシウム→204mg
→2.04mg
→0.27mg
パントテン酸→1.44mg
ビタミンA(ルチノール当量)→231μg
ビタミンB1→0.36mg
ビタミンB2→0.42mg
ビタミンB6→0.39mg
ビタミンC→30mg
ビタミンE(α-トコフェロール)→1.89mg
ビタミンK→45μg
葉酸→72μg
のいずれかを超える野菜&果物。
「栄養」マークはその証なのです。

過去の特集

Produced By

私ども(アットフードネットワークサービス)は、社会起業家的な側面を活動の「原点」に据え、利益を追求するだけではなく、社会への貢献に努める“中間営利活動事業体”として、ユニークなブランド戦略&独自のIT技術で、食に関わる方々を“応援”しております。

↑ PAGE TOP