特集(2018/04/15)

野菜の栄養をムダなく

5つのケーススタディ

『野菜の切り方や火の入れ方といった調理法しだいで、摂取できる栄養が大きく異なることをご存知ですか?』

このように問題提起しているのは...
当組合でも(『理想のお弁当』に関する)レシピ開発でお世話になっている管理栄養士「横川仁美」さん。

横川さんによると...
引用:医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト【Doctors Me(ドクターズミー)
において、
「野菜の栄養をムダにしがちな5つのケーススタディ」
を以下のようにまとめております。
1.栄養の多い部分を捨ててしまっている
2.長時間流水で洗うと栄養素が流れ出てしまう
3.ノンオイルドレッシングが合わない野菜もある
4.生野菜ばかり食べているのは考えもの
5.あく抜きはほどほどに


栄養を引き出すポイント

食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」の代表でもある横川さん。
中学生の頃、家族が体調を壊し、やりたい事ができない姿をみて、毎日食べる「食」の知識を持つことで何かが変わるような気がして、栄養士を志したとのこと。

そんな横川さんならではの視点...
「栄養を引き出すポイント」も
上記の【Doctors Me(ドクターズミー)】で紹介しています。

是非とも確認してみてください!

過去の特集

Produced By

私ども(アットフードネットワークサービス)は、社会起業家的な側面を活動の「原点」に据え、利益を追求するだけではなく、社会への貢献に努める“中間営利活動事業体”として、ユニークなブランド戦略で、食に関わる方々を“応援”しております。

↑ PAGE TOP